山口県立美術館|山口県山口市

特別展

  1. ホーム
  2. 特別展

開催中の特別展

山口県立美術館開館45周年記念 没後50年 香月泰男のシベリア・シリーズ

2024年7月4日(木)ー8月25日(日)

太平洋戦争への従軍と戦後のシベリア抑留の体験を絵画化した「シベリア・シリーズ」で知られる洋画家の、香月泰男(1911-74年)。没後50年を記念して、同シリーズ全57点を一堂に展示し、その軌跡をたどります。

【観覧料】一般1,200円(1,000円)/シニア・学生1,000円(800円)
※シニアは70歳以上の方、( )内は前売り、オンラインチケットおよび20名以上の団体料金。※高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍の方等は無料。※障害者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料。※前売り券は、ローソンまたはミニストップ店内のLoppiLコード:62655)、セブンチケットでお求めいただけます。オンラインチケットの購入については、トップページのお知らせをご覧ください。

開催概要

会期 2024年7月4日(木)~8月25日(日)
開館時間 9:00~17:00(入場は16:30まで)
観覧料 一般1,200円(1,000円)/シニア・学生1,000円(800円)
※シニアは70歳以上の方、( )内は前売り、オンラインチケットおよび20名以上の団体料金。※高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在籍の方等は無料。※障害者手帳等をご持参の方とその介護の方1名は無料。※前売り券は、ローソンまたはミニストップ店内のLoppi(Lコード:62655)、セブンチケットでお求めください。オンラインチケットの購入については、当館ウェブサイトをご覧ください。
主催 【主催】山口県立美術館、毎日新聞社、tysテレビ山口
【協力】香月泰男美術館
【特別協力】エフエム山口
【特別協賛】医療法人 生山会 斎木病院

オンラインチケットの購入

画像:香月泰男《青の太陽》 1969年 油彩・方解末・木炭/カンヴァス 山口県立美術館
香月泰男《青の太陽》 1969年 油彩・方解末・木炭/カンヴァス 山口県立美術館

これからの特別展

超絶技巧、未来へ! 明治工芸とそのDNA

2024年9月12日(木)ー11月10日(日)

多くの人びとを魅了した「超絶技巧」展シリーズの第3弾。金属、木、陶磁、漆、ガラス、紙などの多様な素材に、鍛錬を重ねた技法を駆使して向き合い、新たな領域に挑む17名の現代作家たち。本展では彼らの新作を中心に、そのルーツでもある明治工芸の逸品もあわせてご紹介します。明治工芸のDNAを継承しつつ、独自の美意識を貫く作家たちが繰り出す、驚きの超絶技巧の数々にご注目ください。

画像:【木彫】前原冬樹 ≪『一刻』スルメに茶碗≫(部分)朴、油彩、墨 2022年
【木彫】前原冬樹 ≪『一刻』スルメに茶碗≫(部分)朴、油彩、墨 2022年