山口県立美術館|山口県山口市

地域連携プログラム

  1. ホーム
  2. 地域連携プログラム

HEART

「ものづくりとコミュニケーション」をキーコンセプトに、2007(平成19)年から始まった「HEART」。美術館が地域の作家や地元の人々と一緒になって、街の歴史や日常の営みと関わりながら、文化芸術を軸とした街づくりを進めていく活動です。「日本の道」100選にも選ばれた美術館前のパークロードから山口市中心商店街にかけての文教・商店街エリアを、街の観光・文化・教育の拠点として位置づけ、山口県美術展覧会を中心に、アートマーケットやワークショップなど、美術館(芸術)と街(日常)をつなぐ多彩なアート・プロジェクトを展開しています。

『HEART』特設サイト

画像:丸いハートがシンボルのマーク
ロゴマーク

県美の森

美術館ロビーから中庭をご覧いただくと、彫刻作品が点在する芝生と、その背後の豊かな緑をあわせた「県美の森」が広がっています。
当館では、2007(平成19)年から「美術館に彩り豊かな森をつくる」実行委員会(亀山公園美化ボランティアの会、山口市造園協会、山口商工会議所、山口市、山口県立美術館)による、美術館中庭の整備を行ってきました。多くのボランティアの方々にもご参加いただき、植樹や草刈りを実施しています。
地域の方々に支えられた「県美の森」はどなたでも出入り自由。遊歩道を歩きながら、美術館の四季折々の表情をお楽しみ頂けます。

画像:中庭の芝生に点在する彫刻
中庭全景
画像:整備された森と彫刻
彫刻作品と県美の森
画像:整備された森と彫刻
彫刻作品と県美の森

会員制度について

県立美術館メンバーズクラブ

画像:メンバーズマーク

会員概要

キャンパスメンバーズ

画像:メンバーズマーク

会員概要

法人サポーターズ

画像:メンバーズマーク

会員概要