山口県立美術館|山口県山口市

コレクション展

  1. ホーム
  2. コレクション展

開催中のコレクション展

没後300年 雲谷等璠

2024年6月25日(火)ー7月28日(日)

雪舟の画風を受け継いだ、萩藩お抱え絵師・雲谷派。その4代目として「雪舟六世」を唱え、17~18世紀に活動した雲谷等璠(1635-1724)。雪舟の絵に向き合い、2代目の父等益が確立した流派の様式とは異なる、独自の雪舟流を示した等璠の個性を紹介します。

画像:雲谷等璠 《琴棋書画図屛風》 左隻 17-18世紀 紙本着色 山口県立美術館蔵
雲谷等璠 《琴棋書画図屛風》 左隻 17-18世紀 紙本着色 山口県立美術館蔵

没後50年 小林和作展 

2024年6月25日(火)ー9月1日(日)

山口市に生まれた小林和作(1888-1974)は、豊麗な色彩と独特なタッチの風景画で知られています。1934年以降は尾道市に居を移し、最晩年まで日本全国を巡りながら制作にいそしみました。没後50年を迎える小林の画業を、油彩画と水彩画でご紹介します。

画像:小林和作 《海》 1964年 油彩/カンヴァス 山口県立美術館蔵
小林和作 《海》 1964年 油彩/カンヴァス 山口県立美術館蔵

観覧料

  • 大人300円(240円)
  • 学生200円(160円)

70歳以上と18歳以下の方、および高等学校、中等教育学校、 特別支援学校に在学する方等は無料です。

これからのコレクション展

生誕350年 雲谷等鶴とその時代

2024年7月30日(火)ー9月1日(日)

雪舟の画風を受け継いだ、萩藩お抱え絵師・雲谷派。4代目・等璠の長男として生まれ、5代目を継ぎ「雪舟七世」と称した雲谷等鶴(1674-?)。彩り豊かな作風で知られる等鶴と、同時代を生きた雲谷派の作品によって、雪舟ゆずりの水墨画だけではない雲谷派の魅力を紹介します。

画像:

これまでのコレクション展